免疫クリニックの「広告の罠」に要注意!

それなのに、このYouTube動画のコメント欄に「自由診療のがん免疫クリニック」の広告が掲載されている。画面の下、大きく「注意!」と矢印で示した。押川医師の動画の前に、同じクリニックの1分間のCM動画が流れることもある。 広告の自由診療クリニックは、決して押川医師のお勧めではないし、掲載の許可をとっているわけでもない。むしろ逆だ。このクリニックが行っている免疫療法は、科学的根拠 […]

マネーデータベースが教えてくれた、緩和ケア医の矜持

診察室から、豪快な笑い声が聞こえてきた。ここを訪れるのは、深刻な状況のがん患者のはず。それなのに、なぜ愉快に笑えるのか……許可をもらって診察室の中に入ってみると、眼光が鋭い白髪の男性がいた。二週間に一度の外来で、ゆっくりと進行していく自分の病状を笑いとばす。それが平野治行さんという人だった。 2014年、私のチームは、緩和ケア診療所「いっぽ」と萬田緑平医師(現・萬田診療所)を中 […]

がんが消える人参ジュースの真相とは?!

「岸田徹がズバリ聞く 若尾 文彦先生・総集編」動画をYoutubeに公開しました。「がんが消えた」という食事の本が、書店にたくさん並んでいます。医師や料理家が、自身のがんを人参ジュースや野菜スープで「消した」という体験談もあり、悩める患者や家族の心を鷲掴み。そんな簡単な方法で手強いがんが治るはずがない、と半信半疑ながらも、どこかで期待してしまう人は少なくありません。果たして、そ […]

グリーンルーペ・プロジェクト

「免疫細胞療法は、全然効果はない」「高い治療費を自費で払う自由診療は〝危ない〟」「日本は保険診療で良い医療が、必ず受けられる」 今月公開された動画インタビューで、国立がん研究センター(以下、国がん)・中央病院副院長の藤原康弘医師は、こう断言した。がん治療の第一線に立ち、厚労省関連の要職にある人が、「免疫細胞療法」を明確に否定したのは初めてのことだろう。インタビュアーは、がん保険 […]

がん検診を疑え

がんで著名人が亡くなったニュースには、「早期発見のために検診を受けましょう」という決まり文句が付いてくる。ではなぜ、毎年がん検診を受けていたのに、進行がんで見つかったという人が後を絶たないのだろう。       そんな疑問を抱いて、取材をしてみると、公的ながん検診として行われている「肺がんX線検査」(いわゆるレントゲン検診)では、約5割が進行がんで […]

いまだバリウム検査に偏る胃がん検診の謎

過剰医療大国ニッポンの不都合すぎる真実 いまだバリウム検査に偏る胃がん検診の謎(東洋経済 5/21) 今週の東洋経済は、「医療費のムダ」を特集している。胃がん検診のバリウム検査について、多岐にわたる取材を基にした分析と考察がされているので、ぜひご一読いただきたい。私もご協力させていただいた。 臓器別に「がんのリスク因子」が、徐々に解明されている。胃がんの場合は「ピロリ菌」。つま […]

がん治療の未来は、本当にバラ色か?

未来世紀ジパング「大きく変わる がん治療最前線」2018年5月16日放送 16日夜にテレビ東京でOAされた「未来世紀ジパング」では、ダヴィンチ(手術支援ロボット)や、重粒子線治療、オプジーボ、光免疫療法などの最新がん治療が紹介された。 これまで数百万円が必要だった高額な治療が、次々と保険適用になり、高額療養費制度によって最高約10万円ほどの自己負担で済むことを伝える内容だ。ゲス […]

バリウム検査は「胃がんリスク検査」に切り替えるべき

先週に引き続き、週刊ポスト3/26 発売号では、検査特集を組んでいる。そこで「胃がんリスク層別化検査」=通称ABC検診を受けて、一命をとりとめた群馬大学元学長・鈴木守医師のご体験を書かせていただいた。世界的な熱帯医学と寄生虫の研究者である鈴木医師が、胃がんリスク検査を勧める理由を、ぜひ知っていただきたい。 簡単に説明すると、胃がんリスク検査は、胃がんの主要因である「ピロリ菌の感 […]

Yahooは、詐欺的がん治療に加担している

「”Yahoo!検索”が国立がん研究センターと連携し、検索結果画面で国立がん研究センター提供の情報を掲載開始」(ヤフー株式会社) ヤフー株式会社は1月30日付のプレスリリースで、スマホ版の検索画面上位に、国立がん研究センターの情報枠を新たに設けたと発表した。 「誰でも信頼のおけるがんの情報にアクセスできるようになりました」という。 早速、iPhoneを使 […]

ペンネームのジャーナリスト「村中璃子」を無視する理由

HPVワクチンをめぐって、反ワクチン報道に批判的な記事を書いている、医師でジャーナリストとされる「村中璃子」という人物が、科学誌ネイチャーが主催する「ジョン・マドックス賞」を日本人で初めて受賞した。大半の新聞やテレビは、これを報道しなかったが、上武大学の田中秀臣教授は『日本のマスメディアの特異な現象を目の当たりにした。いわゆる「報道しない自由」ともネットなどで批判される態度であ […]

がん治療詐欺を放置する厚労省

日本では、自由診療のクリニックが、効果のない免疫細胞療法などを行い、がん患者から高い費用を取っている。NHK NEWS WEBが、11月29日に配信した記事によると、厚労省はネットでの広告規制を追加するらしい。 「厚生労働省は、すべての医療について病院やクリニックが患者の体験談をホームページに掲載することを禁止するなど、新たな規制の案を取りまとめました」(一部抜粋) NHK N […]

【動画】光免疫療法が詐欺的免疫療法を一掃する

12日、横浜で行われた「がん撲滅サミット」で、今最も注目を集めている、近赤外光線免疫治療法=通称「光免疫療法」の研究者・小林久隆医師が講演を行った。 約10分の動画にまとめたので、ご覧いただきたい。 「光免疫療法」はアメリカの臨床試験で、15例中14例で、がんが30%以上縮小、そのうち7例で、がんが消えた。医学用語では、奏効率93%、完全奏効率47%となり、驚異的な成績である。 […]

がん免疫療法クリニックから利益を得ている日経グループ

☞「がん免疫療法の普及へ道筋を」 日本経済新聞 2017.11.10 「がん免疫療法の普及へ道筋を」と題した、11月10日付の日経新聞社説は、矛盾に満ちている。事情を知らない一般市民を欺く主張だ。 まず、根拠となるファクトを提示する。 https://www.youtube.com/watch?v=1odm9HM2ivA (追記:現在、この動画は削除されています) 上記URLは […]

【動画】「がん免疫細胞療法は偽りの希望」西智弘医師・独自インタビューを公開

腫瘍内科と緩和ケアを行っている、西智弘医師。担当する患者100人以上が免疫細胞療法を受けたが、一人も効果があった患者はいなかったという。 また、免疫クリニックの説明で必ず出てくる話が、「抗がん剤と併用して免疫細胞療法を受けると、副作用が軽減する」。こうした患者がいるのか、聞いてみると、西医師は苦い表情で首を横に振った。 先の投稿でも触れたが、「患者の希望に応える」という、もっと […]

免疫療法を肯定してみせた元厚労技官の論理

☞「他家臍帯血治療でなぜ医師は逮捕されたのか」日経メディカル 2017.10.5 厚労省がいよいよ免疫細胞療法の規制に乗り出す、というニュアンスの報道をNHKがここ数日行なっている。だが、どこまで本気なのか、引き続き注視する必要があるだろう。 がん拠点病院には免疫細胞療法を禁じる、民間の免疫クリニックは、施設基準で安全性を担保して継続、という決着の可能性もあるからだ。日本医科大 […]

【動画】スキルス胃がんを早期発見する極意とは

私の事務所でお手伝いしている、スキルス胃がん患者家族会「希望の会」の動画・第4弾を公開した。   日本の公的な胃がん検診は、現在でもバリウム検査が主流だが、「内視鏡検査の方が3倍も発見率が高い」、「見逃しが多い」、「バリウムが大腸に滞留して孔を開ける」などの問題を抱えている。スキルス胃がんは、早期発見が難しく、進行も早いし、治療が難しい。胃がん全体の約1割を占めており […]

的外れな代替療法批判!免疫細胞療法を放置してはいけない

☞「南果歩 抗がん剤ストップ中と明かす」日刊スポーツ2017.10.3 この数日、女優・南果歩さんが、日本対がん協会のイベントで、標準治療を中止して代替療法に切り替えたと発言したことを巡って、議論となっている。日刊スポーツは、10月1日付の配信記事のリード(見出し)に『見本にして』と入れていたが、批判が高まったことを受けてなのか、今日になって、このワードをカットしたとみられる。 […]

がん免疫細胞療法の勉強会で伝えた 「騙しの手口」と「患者を孤立させないこと」

9月29日、埼玉に拠点を置く、がん患者会シャロームさんの勉強会で、お話をする機会をいただいた。 テーマは「がん免疫細胞療法・白衣の詐欺師」。 約60人の参加者は、基本的に会員限定だったので、「がん免疫細胞療法の何が問題なのか」「患者を信用させる巧妙な騙しの手口」などを、潜入取材の映像や、実際のクリニックなど具体名を挙げてお伝えした。   会場には、免疫細胞療法に誘導さ […]

薬機法違反疑いの宣伝を行なう免疫クリニック

 〈追記〉 このページも9/28午後に閉鎖されました。 前回の投稿で指摘した、フェイク患者支援団体の続報。 「フュージョン細胞はがん治療を変える」のサイトに、今月22日にOAされた、日テレ・ミヤネ屋の免疫療法特集について、次のような記載がある。 「番組のほとんどは、免疫療法はインチキだとする標準治療推進派の言いたい放題の内容だったのですが、出演されていました国立がん研究センター […]

ネットで暗躍する免疫療法クリニックの正体

「免疫療法バッシングは、週刊ポスト9月8日号に飛び火」と題する奇妙な投稿があった。「一般社団法人がん予防サポートセンター」という団体の代表を名乗るオオクボコウイチ氏という人物が、私の特集記事に対して、偏った内容で患者をバカにしていると批判しているのだ。この投稿に不自然な匂いを感じて調べてみると、オオクボ氏は有効性が立証されていない「免疫細胞療法」を行なっている組織の関係者と判明 […]