免疫クリニックの「広告の罠」に要注意!

それなのに、このYouTube動画のコメント欄に「自由診療のがん免疫クリニック」の広告が掲載されている。画面の下、大きく「注意!」と矢印で示した。押川医師の動画の前に、同じクリニックの1分間のCM動画が流れることもある。 広告の自由診療クリニックは、決して押川医師のお勧めではないし、掲載の許可をとっているわけでもない。むしろ逆だ。このクリニックが行っている免疫療法は、科学的根拠 […]

がんが消える人参ジュースの真相とは?!

「岸田徹がズバリ聞く 若尾 文彦先生・総集編」動画をYoutubeに公開しました。「がんが消えた」という食事の本が、書店にたくさん並んでいます。医師や料理家が、自身のがんを人参ジュースや野菜スープで「消した」という体験談もあり、悩める患者や家族の心を鷲掴み。そんな簡単な方法で手強いがんが治るはずがない、と半信半疑ながらも、どこかで期待してしまう人は少なくありません。果たして、そ […]

グリーンルーペ・プロジェクト

「免疫細胞療法は、全然効果はない」「高い治療費を自費で払う自由診療は〝危ない〟」「日本は保険診療で良い医療が、必ず受けられる」 今月公開された動画インタビューで、国立がん研究センター(以下、国がん)・中央病院副院長の藤原康弘医師は、こう断言した。がん治療の第一線に立ち、厚労省関連の要職にある人が、「免疫細胞療法」を明確に否定したのは初めてのことだろう。インタビュアーは、がん保険 […]

Yahooは、詐欺的がん治療に加担している

「”Yahoo!検索”が国立がん研究センターと連携し、検索結果画面で国立がん研究センター提供の情報を掲載開始」(ヤフー株式会社) ヤフー株式会社は1月30日付のプレスリリースで、スマホ版の検索画面上位に、国立がん研究センターの情報枠を新たに設けたと発表した。 「誰でも信頼のおけるがんの情報にアクセスできるようになりました」という。 早速、iPhoneを使 […]

がん治療詐欺を放置する厚労省

日本では、自由診療のクリニックが、効果のない免疫細胞療法などを行い、がん患者から高い費用を取っている。NHK NEWS WEBが、11月29日に配信した記事によると、厚労省はネットでの広告規制を追加するらしい。 「厚生労働省は、すべての医療について病院やクリニックが患者の体験談をホームページに掲載することを禁止するなど、新たな規制の案を取りまとめました」(一部抜粋) NHK N […]

【動画】光免疫療法が詐欺的免疫療法を一掃する

12日、横浜で行われた「がん撲滅サミット」で、今最も注目を集めている、近赤外光線免疫治療法=通称「光免疫療法」の研究者・小林久隆医師が講演を行った。 約10分の動画にまとめたので、ご覧いただきたい。 「光免疫療法」はアメリカの臨床試験で、15例中14例で、がんが30%以上縮小、そのうち7例で、がんが消えた。医学用語では、奏効率93%、完全奏効率47%となり、驚異的な成績である。 […]

がん免疫療法クリニックから利益を得ている日経グループ

☞「がん免疫療法の普及へ道筋を」 日本経済新聞 2017.11.10 「がん免疫療法の普及へ道筋を」と題した、11月10日付の日経新聞社説は、矛盾に満ちている。事情を知らない一般市民を欺く主張だ。 まず、根拠となるファクトを提示する。 https://www.youtube.com/watch?v=1odm9HM2ivA (追記:現在、この動画は削除されています) 上記URLは […]

【動画】「がん免疫細胞療法は偽りの希望」西智弘医師・独自インタビューを公開

腫瘍内科と緩和ケアを行っている、西智弘医師。担当する患者100人以上が免疫細胞療法を受けたが、一人も効果があった患者はいなかったという。 また、免疫クリニックの説明で必ず出てくる話が、「抗がん剤と併用して免疫細胞療法を受けると、副作用が軽減する」。こうした患者がいるのか、聞いてみると、西医師は苦い表情で首を横に振った。 先の投稿でも触れたが、「患者の希望に応える」という、もっと […]

免疫療法を肯定してみせた元厚労技官の論理

☞「他家臍帯血治療でなぜ医師は逮捕されたのか」日経メディカル 2017.10.5 厚労省がいよいよ免疫細胞療法の規制に乗り出す、というニュアンスの報道をNHKがここ数日行なっている。だが、どこまで本気なのか、引き続き注視する必要があるだろう。 がん拠点病院には免疫細胞療法を禁じる、民間の免疫クリニックは、施設基準で安全性を担保して継続、という決着の可能性もあるからだ。日本医科大 […]

的外れな代替療法批判!免疫細胞療法を放置してはいけない

☞「南果歩 抗がん剤ストップ中と明かす」日刊スポーツ2017.10.3 この数日、女優・南果歩さんが、日本対がん協会のイベントで、標準治療を中止して代替療法に切り替えたと発言したことを巡って、議論となっている。日刊スポーツは、10月1日付の配信記事のリード(見出し)に『見本にして』と入れていたが、批判が高まったことを受けてなのか、今日になって、このワードをカットしたとみられる。 […]

がん免疫細胞療法の勉強会で伝えた 「騙しの手口」と「患者を孤立させないこと」

9月29日、埼玉に拠点を置く、がん患者会シャロームさんの勉強会で、お話をする機会をいただいた。 テーマは「がん免疫細胞療法・白衣の詐欺師」。 約60人の参加者は、基本的に会員限定だったので、「がん免疫細胞療法の何が問題なのか」「患者を信用させる巧妙な騙しの手口」などを、潜入取材の映像や、実際のクリニックなど具体名を挙げてお伝えした。   会場には、免疫細胞療法に誘導さ […]

薬機法違反疑いの宣伝を行なう免疫クリニック

 〈追記〉 このページも9/28午後に閉鎖されました。 前回の投稿で指摘した、フェイク患者支援団体の続報。 「フュージョン細胞はがん治療を変える」のサイトに、今月22日にOAされた、日テレ・ミヤネ屋の免疫療法特集について、次のような記載がある。 「番組のほとんどは、免疫療法はインチキだとする標準治療推進派の言いたい放題の内容だったのですが、出演されていました国立がん研究センター […]

ネットで暗躍する免疫療法クリニックの正体

「免疫療法バッシングは、週刊ポスト9月8日号に飛び火」と題する奇妙な投稿があった。「一般社団法人がん予防サポートセンター」という団体の代表を名乗るオオクボコウイチ氏という人物が、私の特集記事に対して、偏った内容で患者をバカにしていると批判しているのだ。この投稿に不自然な匂いを感じて調べてみると、オオクボ氏は有効性が立証されていない「免疫細胞療法」を行なっている組織の関係者と判明 […]

免疫細胞療法は現代医療の「都市伝説」

元国立がん研究センター・がん予防・検診研究センター長の医師が、スタッフとして名を連ねている、東京ミッドタウン先端医療研究所。ここは、自由診療の免疫細胞療法クリニックである。権威とされる医療機関の名前を利用するのは、免疫細胞療法の「信頼性」を高める常套手段だ。同クリニックのホームページには、連携施設として以下の大学病院、有名病院が紹介されており、「病院のブランド」が、免疫細胞療法 […]

無法地帯の自由診療、無責任な免疫クリニック

「オプジーボ」と免疫療法 併用リスクに製薬会社も注意喚起[NEWSポストセブン2017.9.3] オプジーボ、ヤーボイなどの免疫チェックポイント阻害剤と、NK細胞療法を組み合わせた、独自の治療を行う自由診療の免疫クリニックが複数ある。オプジーボに関しては、これまでにない高い効果が報告されている一方、間質性肺炎や免疫系などの重篤な副作用が確認されている。「諸刃の剣」ともいうべき、 […]

免疫療法クリニックの奇妙なグラフ

東京で展開している免疫クリニックのホームページに掲載されている「樹状細胞ワクチン療法の累積症例実績」を示す2つのグラフ。このクリニックが技術提供を受けている会社の契約医療機関の症例合計だという。 2017年3月末にデータを更新している「累積症例実績」(画像1)は、右肩上がりに伸びていることを示している。そして、部位別のグラフ(画像2)は、すい臓がんの症例が突出して多い、と読み取 […]

<免疫療法>国立がん研究センター・前理事長の矜持

<暴走する免疫クリニックを厳しく批判した、国立がん研究センター・前理事長の矜持> 週刊ポスト9月8日号『受けてはいけない免疫療法』において、私は免疫療法クリニックについて調査報道を行なった。 末期がん患者が騙される免疫細胞療法[週刊ポスト2017.9.8号]・ がん患者がすがる「免疫療法」医師同士は競合を詐欺師扱い・ 免疫療法に誘導する巧妙手口 画像偽装、患者TV 出演など・ […]

白衣の詐欺師たちは、同じ手口を使う

有効性が定かではないのに高額な費用をとる、自由診療の〝免疫細胞療法〟(以下、免疫療法)。これでボロ儲けしてきた「白衣の詐欺師」たちは、いま不安に苛まれている。無届けの臍帯血療法で医師らが逮捕され、次は詐欺的な免疫療法がお縄になる可能性が出ているからだ。 巷の民間クリニックで行われている免疫療法は、患者から血液を採取して、リンパ球中の免疫細胞を培養したり、がん細胞の目印をつけて患 […]

がん患者が告発する「免疫療法の闇」

その女性は、医療関係者だから、自分がステージ4のがんだと知った時に専門知識をフル稼働させ、地域で最も信頼できる大学病院で、最善の治療を選択した。画像や腫瘍マーカー値では、がんが確認されない「寛解」に持ち込んだが、再発の不安はつきまとってきた。 治療を受けた大学病院の敷地内に「がん免疫細胞療法」という先進医療を行う民間施設があると知ったのは、偶然に見たテレビの番組だった。自分の免 […]

医療界、そして法曹界のモラルハザード

免疫チェックポイント阻害剤・オブジーボをめぐる問題について、ロハス・メディカルの川口 恭氏が核心を分かり易く解説しているので、ぜひご一読いただきたい。 『難民と医療不信が大発生 オプジーボの光と影②』[市民のためのがん治療の会 シリーズ・がん治療の今] 自由診療の免疫治療クリニックは、進行がんの患者をターゲットにした悪徳ビジネスに等しい、という声を患者家族から聞いた。追い込まれ […]